※お気に入りの機能を利用するには、相撲ゲームへログインが必要です。

相撲力士情報 
大の里

大の里

力士名
大の里 泰輝(おおのさと だいき)
所属部屋
二所ノ関部屋
本名
中村 泰輝
しこ名履歴
大の里
番付
西前頭五枚目
生年月日
2000/06/07
出身地
石川県河北郡津幡町
身長
192.0 cm
体重
177.0 kg
得意技
突き・押し・右四つ・寄り

その他の情報

小学1年から相撲を始める。糸魚川市立能生中学校、新潟県立海洋高等学校を経て日本体育大学に進学。2019年(大学1年次)10月、第74回国民体育大会相撲競技青年の部個人戦優勝。11月、第97回全国学生相撲選手権大会で学生横綱となる。2021年(大学3年次)12月に第70回全日本相撲選手権(東京・両国国技館)の決勝で近大の神崎大河を寄り切り優勝し、アマチュア横綱となる

2022年(大学4年次)7月、第11回ワールドゲームズ(4年毎、五輪翌年に開催)無差別級で金メダル、重量級で銀メダル。10月、第77回国民体育大会相撲競技成年の部個人戦で2019年の前回大会(2020、2021は中止)に続いて2連覇、前年のアマチュア横綱と合わせ大相撲の幕下10枚目格付出資格を取得した。11月、第100回全国学生相撲選手権大会個人戦準優勝(優勝はバドジャルガル・チョイジルスレン)。12月(大学4年時)に第71回全日本相撲選手権の決勝で日体大職員の松園大成を、はたき込み優勝し、アマチュア横綱2連覇。大相撲入り意思表明し、3月に二所ノ関部屋に入門が決まった。3月30日の日本相撲協会理事会で幕下10枚目格付出での入門が承認された

2023年4月6日に母校の海洋高校で入門記者会見を行い、四股名は大正時代の大関の大ノ里萬助や師匠の二所ノ関親方が出世したときに案に上がった四股名である「大の里」となることが発表された

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の力士

もっと見る

loading