※お気に入りの機能を利用するには、相撲ゲームへログインが必要です。

相撲力士情報 
錦富士

錦富士

力士名
錦富士 隆聖(にしきふじ りゅうせい)
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
本名
小笠原 隆聖
しこ名履歴
小笠原 → 錦富士
番付
西十両十三枚目
生年月日
1996/07/22
出身地
青森県十和田市
身長
183.0 cm
体重
143.0 kg
得意技
左四つ・寄り

その他の情報

錦富士 隆聖(にしきふじ りゅうせい、1996年7月22日 – )は、青森県十和田市出身で、伊勢ヶ濱部屋所属の現役大相撲力士。本名は小笠原 隆聖(おがさわら りゅうせい)。身長183cm、体重141kg、血液型はB型。最高位は西十両13枚目(2020年9月場所)。

相撲は十和田市立三本木小学校3年次に始め、6年次にわんぱく相撲全国大会でベスト8の実績を残した。十和田市立十和田中学校在学中も3年次に全国中学校相撲選手権大会で8強入りした。高校は三本木農業高校農業機械科に進み、3年次に全国高校相撲宇佐大会で個人3位入賞するなどの実績を残している。高校卒業後は近畿大学経営学部経営学科に進学した。高校の同期に阿武咲(1年次中退)、大学の同期に欧勝竜、翠富士(2年次中退)がいる。

近大相撲部では2年次にレギュラー入りをしていたが、「大学を卒業した後では形が決まってしまい、直せなくなる」という理由から、大学を中退して大相撲入りすることを決意し、伊勢ヶ濱親方(第63代横綱・旭富士)の熱意もあって伊勢ヶ濱部屋に翠富士とともに入門することになった。なお同じく近大を中退した1年後輩の上原昌も同場所武蔵川部屋に入門したが、2017年1月場所限りで引退している。2016年11月場所にて序ノ口、2017年1月場所にて序二段の優勝決定戦にて翠富士と対戦しいずれも勝利し連続優勝を果たした。同年11月場所で幕下に昇進後は幕下の番付に定着した。2018年1月場所は、1番目の相撲で左膝を痛めて2番目から途中休場となったが、靭帯は断裂していなかったとして4番目の相撲から再出場した。

2019年9月場所は自己最高位となる東幕下3枚目の番付で迎えたが、場所前の稽古で左肘の筋を断裂しており、5番目の相撲で負け越しが決定すると、6番目以降は休場となった。9月20日に右肘の手術を受け、翌11月場所は全休。怪我からの復帰2場所目となった2020年3月場所で幕下優勝を果たし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う5月場所の中止を経て、再び自己最高位の東幕下3枚目に戻った7月場所で5勝2敗とし、場所後に開催された番付編成会議で、9月場所での新十両昇進が決定した。新十両昇進に際して「ケガして苦しい時に師匠や安治川親方、楯山親方、照ノ富士関や翠富士関、照強関とか、たくさんの人に声をかけてもらって頑張ってきた。そのことがよぎって目が熱くなった」と振り返った。伊勢ケ浜親方は「もっと前に出る相撲を。まだまだ取り切れていない。自分から攻める相撲が取れれば幕内もいけると思う」と期待。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の力士

もっと見る