相撲部屋情報 
伊勢ヶ濱部屋

伊勢ヶ濱部屋

部屋名
伊勢ヶ濱部屋
師匠
伊勢ヶ濱 正也 (いせがはま)
しこ名
横綱 旭富士 (あさひふじ)
所属力士数
18 名
主要力士

宝富士

照強

照ノ富士

公式ページ
https://isegahama.net

住所

日本、東京都江東区毛利1−7−4

その他の情報

1993年4月から安治川部屋を継承していた年寄・4代安治川(元横綱・旭富士)が、2007年11月30日に年寄名跡を変更して9代伊勢ヶ濱を襲名したことに伴い、部屋の名称が伊勢ヶ濱部屋へと改称された。伊勢ヶ濱部屋として見れば、同年1月にかつての伊勢ヶ濱部屋が閉鎖されて以来の再興となったが、新・伊勢ヶ濱部屋は旧・立浪一門からの派生であり、旧・伊勢ヶ濱一門だった旧・伊勢ヶ濱部屋とは系統が異なっている。

2008年1月場所終了後に9代は、所属力士のうち幕下以下の力士について四股名の「安」を全員外し改名すると発表し、同年3月場所より幕下以下の力士は1人を除いて全員が改名した。呼出2人と床山1人も同時に改名した。また、9代は幕内・十両経験者の力士についても「昇進など改名する条件に合えば改名する」と明言し、同年11月場所後に関脇・安馬が大関に昇進すると、安馬の四股名について「いつまでも“安い馬”では困る。上(横綱)を目指してほしいので、それに相応しい名に改める」として、日馬富士と改名した。2019年7月場所開催中の7月17日に安美錦が現役引退したため四股名に「安」の付く力士はいなくなり、現在は接尾辞に「富士」の付く力士が多い。

2013年3月には閉鎖された間垣部屋から18代間垣(元横綱・若乃花)と若三勝(移籍後に照ノ富士と改名)など所属力士ら計7人を受け入れた。2015年2月1日には閉鎖された朝日山部屋から18代朝日山(元大関・大受)と所属力士ら計8人を受け入れた。このうち大一心は後述する旧伊勢ヶ濱部屋に入門した力士である。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の相撲部屋

もっと見る