※お気に入りの機能を利用するには、相撲ゲームへログインが必要です。

相撲力士情報 
狼雅

狼雅

力士名
狼雅 外喜義(ろうが ときよし)
所属部屋
二子山部屋
本名
アマルトゥブシン・アマルサナー
しこ名履歴
狼雅
番付
西十両十三枚目
生年月日
1999/03/02
出身地
ロシア・トゥヴァ
身長
184.0 cm
体重
146.0 kg
得意技
右四つ・寄り

その他の情報

ロシア連邦構成国のひとつであるトゥヴァ共和国の首都クズルで生まれ、14歳まで同地で過ごした。ロシアに住んでいた頃は複数のスポーツを経験したが、レスリングや柔道の大会では優勝を経験しており、当時の夢はレスリングでオリンピックに出場することと、ロシアで警察官になることだったという。

14歳の時に父親の住むモンゴルへ移住。移住に際し、父親の希望で自身の国籍をモンゴルに変更している。モンゴル移住後もレスリングの練習を続けていたが、ウランバートルの街中に掲げられていた少年相撲大会・白鵬杯の看板を見た父親から同大会への出場を勧められ、団体戦大将として出場した2014年2月の第4回白鵬杯では団体2位に入賞した

翌2015年2月の第5回白鵬杯も出場し、中学生の部で個人8位に入賞している。この白鵬杯での好成績が日本の鳥取城北高等学校関係者の目に留まって勧誘を受けたため、日本語の習得や日本文化の勉強も兼ねて2015年4月から鳥取城北高校へ相撲留学。入学当初の体重は約80kgだったが1年で30kg以上増量し、3年次の高校総体では個人戦決勝で日体大柏高校3年(当時)のスガラクチャー・ビャンバスレン(現・豊昇龍)に勝利して外国人で初めて高校横綱のタイトルを獲得した

高校卒業後の進路については、入学当初はロシアかモンゴルの大学へ進学する意向を持っていたが、高校相撲で実績を残したことでプロの世界へ気持ちが移ったため、大相撲の二子山部屋へ入門した。入門先は鳥取城北高校長兼相撲部総監督の石浦外喜義が選んだ。2018年4月から二子山部屋で研修を受けて同年9月の新弟子検査に合格し、興行ビザの取得を待って翌11月場所で初土俵を踏んだ。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の力士

もっと見る

loading