相撲部屋情報 
尾上部屋

尾上部屋

部屋名
尾上部屋
師匠
尾上 圭志 (おのえ)
しこ名
小結 濱ノ嶋 (はまのしま)
所属力士数
15 名
主要力士

公式ページ
https://www.facebook.com/onoe.beya/

住所

日本、東京都大田区池上8−8−8

その他の情報

2006年(平成18年)8月1日に三保ヶ関部屋の部屋付き親方である年寄・17代尾上(元小結・濱ノ嶋)が、幕内・把瑠都ら内弟子6人を連れて三保ヶ関部屋から分家独立する形で尾上部屋を創設した。17代尾上の出身校である日本大学の相撲部出身者を多数入門させており、独立の際には三保ヶ関部屋に在籍していた日本大学出身力士は、柳川を除く全員が尾上部屋へ移籍した。

17代尾上は自身の妻の出身地である東京都大田区池上に部屋を構えた。大田区に設立された初の相撲部屋である。当初は仮屋敷だったが、その後、2010年6月12日に正式な部屋開きを行った。現在まで大関・把瑠都など6人の関取を輩出している。所属力士の数は10人に満たず、その半分が関取だった時期もあり、付け人やちゃんこ番の不足に悩まされていた。

2011年に発覚した大相撲八百長問題に関しては、所属力士である境澤・山本山・白乃波の3人が引退勧告処分を受け、17代尾上は監督責任として委員から年寄への降格処分を受けた。さらにその直後の4月18日には酒気帯び運転の道路交通法違反の疑いで摘発され、年寄に10年据え置きの処分を受けたが、据え置き処分は2014年に解除された。

2017年9月場所で里山が幕下に陥落し、部屋創設以来初めて関取不在となった。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の相撲部屋

もっと見る