相撲部屋情報 
武蔵川部屋

武蔵川部屋

部屋名
武蔵川部屋
師匠
武蔵川 光偉 (むさしがわ)
しこ名
横綱 武蔵丸 (むさしまる)
所属力士数
17 名
主要力士

公式ページ
https://musashigawa.com/

住所

日本、〒132-0021 東京都江戸川区中央4丁目1−10

その他の情報

2003年11月場所中に現役を引退して、以降は旧武蔵川部屋(2010年以降は藤島部屋)付き親方となっていた15代武蔵川(第67代横綱・武蔵丸)が、2013年4月1日に力士2人と床山1人を連れて藤島部屋から分家独立する形で武蔵川部屋を再興した。

部屋の施設は2012年12月に閉鎖された中村部屋の建物を借り受けている。同年8月29日には17代雷(元小結・垣添)が藤島部屋から移籍して部屋付き親方となった。九州場所宿舎は中間市にあり、宿舎の誘致は市長を3期務めた松下俊男が発起した。名古屋場所宿舎は名古屋市中区大須の万松寺である。

旧・武蔵川部屋

1931年に12代武蔵川(元幕下・鴨緑江)が当時の中川部屋の師匠である7代中川(元幕内・鬼鹿毛)が亡くなった後に、残された弟子たちを引き取る形で武蔵川部屋を創設した。三熊山が幕内に昇進したものの、1933年に12代武蔵川は武蔵川部屋を閉鎖し、三熊山を含めた弟子は鏡山部屋へ移籍した。

1981年に14代武蔵川(第57代横綱・三重ノ海)が出羽海部屋から独立する形で武蔵川部屋を創設した。現在の藤島部屋の前身。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の相撲部屋

もっと見る