相撲部屋情報 
佐渡ヶ嶽部屋

佐渡ヶ嶽部屋

部屋名
佐渡ヶ嶽部屋
師匠
佐渡ヶ嶽 満宗 (さどがたけ)
しこ名
関脇 琴ノ若 (ことのわか)
所属力士数
35 名

住所

日本、千葉県松戸市串崎南町39

その他の情報

二所ノ関部屋に所属する元小結・琴錦(初代)が1955年(昭和30年)5月場所限りで引退して年寄・11代佐渡ヶ嶽を襲名すると同時に、数名の内弟子を連れて分家独立する形で佐渡ヶ嶽部屋を創設した。11代は横綱・琴櫻、大関・琴ヶ濱、関脇・長谷川らを育てたが、1974年7月場所中に急逝した。

11代が逝去したため、1974年7月場所前に引退して年寄・11代白玉を襲名したばかりの琴櫻が名跡変更し、同年7月に12代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。12代は精力的に弟子のスカウト活動に力を注ぎ、先代からの弟子である琴風を大関に育て上げたほか、関脇・琴富士や関脇・琴錦(2代)など幕内力士を数多く育て上げ、佐渡ヶ嶽部屋を大部屋へと成長させた。

12代が2005年11月場所13日目(同年11月25日)に定年退職を迎えたため、婿養子の幕内・琴ノ若が同日に現役を引退し、年寄・13代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。直後に先代からの弟子である琴欧洲が大関へ昇進し、2007年には琴光喜、2011年には琴奨菊(いずれも先代からの弟子)が続いて大関に昇進した。2006年6月には琴欧洲を筆頭に13人の所属力士がイスラエル外務省の招きで現地を訪れ、親善相撲を行った。

1965年1月場所から完全部屋別総当たり制度が導入されたが、その時点で幕内力士を出していた部屋の中で唯一、現在に至るまで幕内力士を絶やしたことがない。

所属力士は「琴」という1字が頭に付けられた四股名を名乗っているが、これは11代の故郷である香川県観音寺市にある琴弾八幡宮に由来している。琴光喜が初土俵時に名乗った琴田宮など、本名で土俵に上がる場合でも本名の前に「琴」の字を付けて四股名を作ることが通例である。12代からは「琴という字は今に王になるという意味だ」と伝えられた。

ただし、これは1975年あたりからで、それ以前は長谷川のように本名を名乗る力士や四股名に「琴」の付かない力士も多く存在した。部屋の中での呼称は「琴」の部分を省略される。

佐渡ヶ嶽部屋から直接分家独立した例は、尾車部屋を創設した琴風、鳴戸部屋を創設した琴欧洲の2例。その他、琴錦(2代)が引退後に尾車部屋へ移籍し、その後朝日山部屋を創設して伊勢ヶ濱一門へ移籍した。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の相撲部屋

もっと見る