※お気に入りの機能を利用するには、相撲ゲームへログインが必要です。

相撲力士情報 
富士東

富士東

力士名
富士東 和佳(ふじあずま かずよし)
所属部屋
玉ノ井部屋
本名
渋谷 和由
しこ名履歴
渋谷 → 富士東
番付
東十両十四枚目
生年月日
1987/04/19
出身地
東京都足立区
身長
181.0 cm
体重
165.0 kg
得意技
押し

その他の情報

富士東 和佳(ふじあずま かずよし、1987年4月19日 – )は、東京都足立区出身で玉ノ井部屋所属の現役大相撲力士。本名は渋谷 和由(しぶや かずよし)。身長181cm、体重163kg、血液型O型。得意手は突き、押し、左四つ。最高位は西前頭4枚目(2013年7月場所)。ニックネームは「(角界の)おかわり君」、シブ。

足立区立亀田小学校5年の時に相撲を始め、6年時にはわんぱく相撲全国大会で2位となった。足立区立第九中学校卒業直前に、小学校時代から稽古に通っていた玉ノ井部屋に入門し、2003年3月場所において初土俵を踏んだ。同期生に佐田の海らがいる。

体格を生かした押し相撲を武器として、2005年7月場所に幕下へ昇進し、2006年11月場所では自己最高位となる東幕下11枚目の位置まで昇進したものの、一時期は首を痛めて三段目まで陥落した。その後も長らく幕下に在位し続け、2011年1月場所において新十両へ昇進した。14代玉ノ井(元大関・栃東)が玉ノ井部屋を継承してからは初となる関取となった。同年5月技量審査場所では西十両8枚目の位置で9勝6敗と勝ち越しを果たし、通常ならば幕内へは上がれない位置と成績だったものの、大相撲八百長問題で多くの力士が引退した影響を受けて、翌7月場所において新入幕を果たした。

新入幕となった2011年7月場所では10勝5敗という好成績を挙げたものの、翌9月場所から5場所連続して負け越してしまい、2012年7月場所において十両へ陥落した。その7月場所では10勝5敗と大きく勝ち越し、翌9月場所において再入幕を果たした。場所後の2014年2月4日には左目網膜剥離の手術を受けていたことが明らかになり、3月9日には協会から「左裂孔原性網膜剥離」で今月末まで安静を要すると診断されたことが発表された。これにより富士東は初土俵以来初めてとなる休場となった。西十両9枚目の地位で迎えた7月場所には目薬を差す必要が無くなるほど左目の状態が改善されており、この場所では8勝7敗の勝ち越しを治めた。網膜剥離になったことで恐怖心が芽生えて1年ほど十両で停滞していたが「いつまでも十両で取っていてもだめだ。目も大丈夫だし、早く幕内に戻りたい」と決意した富士東は2015年3月場所に12勝3敗で十両優勝を収め、翌5月場所には再入幕を果たした。しかし5月場所は3勝12敗と大きく負け越して一場所で十両に逆戻りとなる。そこからは再び十両での土俵が続いていたが、2016年9月場所は東十両14枚目の地位で5勝10敗の大敗を喫し、これにより34場所連続で務めた関取の地位を手放すこととなった。幕下陥落後は2場所連続で勝ち越し、2017年3月場所にて十両に復帰した。しかし6勝9敗と負け越して再び幕下に陥落した。以降は幕下での土俵が続いている。2019年3月場所は東幕下2枚目で4勝3敗と場所後の再十両が十分有り得る成績であったが、翌5月場所は東幕下筆頭に留まった。その5月場所では3勝4敗と負け越し、さらに東幕下5枚目に落とした7月場所でも2勝5敗として出直しとなった。2020年3月場所、西幕下3枚目で5勝2敗とし、3月25日の番付編成会議で約3年ぶりの十両復帰が決定した。

土俵の外では、テレビのバラエティ番組への出演の他、2014年4月26日公開の映画『テルマエ・ロマエII』に、力士役として出演している

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の力士

もっと見る