※お気に入りの機能を利用するには、相撲ゲームへログインが必要です。

相撲力士情報 
王輝

王輝

力士名
王輝 嘉助(おうき かすけ)
所属部屋
錣山部屋
本名
小池 一毅
しこ名履歴
小池 → 王輝
番付
東十両十三枚目
生年月日
1996/06/12
出身地
新潟県岩船郡関川村
身長
185.0 cm
体重
158.0 kg
得意技
左四つ・寄り

その他の情報

王輝 嘉助(おうき かすけ 、1996年6月12日 – )は、新潟県岩船郡関川村出身で、錣山部屋所属の現役大相撲力士。本名は小池 一毅(こいけ かずき)。身長185cm、体重161kg、血液型はA型。
最高位は東十両13枚目(2020年9月場所)。

父親は相撲の指導者、母親は柔道の指導者であり、相撲は3歳から、柔道は関川村立関小学校1年から始めた。小学校4年次から6年次にかけてわんぱく相撲全国大会に3年連続で出場し、4年次は2位、5年次は16強、6年次は3位だった。小学校卒業後は関川村立関川中学校に進学し、相撲部は無かったので柔道部に所属したが、新潟県立海洋高校相撲部総監督の田海哲也の誘いで中学2年次に柔道を辞めて相撲一本に専念することとし、9月から糸魚川市立能生中学校に転校した。3年次には全国中学校相撲選手権大会で3位入賞(ちなみに、優勝は佐藤貴信(貴景勝)、2位は打越奎也(阿武咲)だった)。中学卒業後は海洋高校に進学したが、在学中は左膝の故障に悩まされた。

2013年6月に、田海と親交のある錣山親方(元関脇・寺尾)が師匠を務める錣山部屋を見学することになり、同部屋の名古屋場所宿舎に3日分の荷物を持って宿泊した。3日目になると突然錣山から呼び出しを受け、「どうするんだ」との質問に「はい」と答えて入門が決定し、同年7月場所で初土俵を踏んだ。[1][2]2016年1月場所で幕下に初めて昇進し、同年は三段目落ちを2度経験したが、2017年1月場所からはしばらく幕下の地位を維持していた。2018年11月場所では2年ぶりに三段目に陥落したが、1場所で幕下に復帰すると、2019年7月場所からは3場所連続で勝ち越し、同年11月場所からは幕下1桁台の番付に進出した。2020年7月場所は西幕下2枚目の地位で5勝2敗とし、場所後の番付編成会議の結果、翌9月場所での新十両昇進が決定した。新十両会見では、師匠を超えることと、左四つの型を極めることを目標に掲げた。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より

SHARE

その他の力士

もっと見る